【殆ど死んでいる】異世界おじさん1巻 感想

表紙

異世界転生モノ。
それは少しでもオタクであれば聞いたことがある言葉だと思う。

冴えず社会の役に立たないニートがトラックに轢かれて異世界に転生し、無双する。

強引に一言で言うならば、総じてこのようなストーリーである。

謂わば「なろう」と呼ばれる作品群はどういう訳か非常に流行っている。

私はこのような作品が大っ嫌いなので、今までまともに小説を読んだことも、アニメを見たこともない。
だが、私のようになろう系が苦手でもこの漫画は大変面白い。むしろ、なろう系が苦手な人ほど見て欲しい作品である。

あらすじ

17年間の昏睡状態から目覚めたおじさんは、異世界「グランバハマル」からの帰還者だった……。現実→異世界→現実と渡り歩いたおじさんと、甥っ子たかふみによる、新感覚異世界&ジェネレーションギャップコメディ!

出典: comic-walker.com

感想

17年間、異世界で酷い目にあったおじさんが、現世に帰ってきて異世界で培った魔法でYouTuberになって活躍するドタバタコメディ。
ざっくりに説明するとこんな感じである。

異世界での生活は舞台装置であり、本編には大きく関わりがない。
おじさんは毎回、甥に自分の異世界での体験談を聞かせるのが話のパターンになっている。
この時に回想される思い出話が酷く痛々しく、思っていたものと全く違う。
異世界転生モノ系の知識がある甥が想像していた生活と雲泥の差がある体験談を聞かされる、裏切り系ギャグだ。

よくある異世界で現代無双することはなく、おじさんはむしろ蔑まれる対象であった。
美男美女ばかりの異世界ではオークの亜種だと思われ狩られかけることから始まり、現代の知識で作った本来なら無双できるはずの装置も破壊され吊される。
クリスマスはぼっちで食事する。村に着いたらまずは村人と戦闘が始まるなどとにかくおじさんが不憫で仕方がない。

悲しい。

悲しすぎる。

これが普通の異世界転生だったらこんなことにならないだろう。
特に理由もなく浅い現代知識で現地人を驚かせ、賞賛されて無双する。それが普段の流れである。

異世界転生モノを徹底的にコケにしているのも面白い。
だからこそ異世界ものを忌避している人たちにお勧めしたい。

現に私は変われた。
この漫画に出遭ってから異世界転生モノにも興味が出てきた。

濃すぎるSEGA愛

17年間、異世界で戦ってきたおじさんは「セガサターンソフト読者レース」結果を読むためだけに生きいた。
ここら辺の狂信者っぷりがかなり面白い。

ゲーム・ハード戦争。
今なお繰り広げられているこの不毛な争いは、SEGAとSONY、任天堂の三つ巴の争いから過激になっていく。
17年前、熱心なSEGA信者だったおじさんはの行動理念はほぼゲームと言っても過言ではない。

ここら辺のゲームネタはあまり万人向けではない印象だ。
というか、なろう系にハマっている若年層はまったく知らないのではないだろうか?
私ですら、SEGAとSONYとの戦争はリアルタイムで知っている世代ではない。

それでもまだ、知識としては知っているので面白いと思える。
基本的にはSEGAの話題に持って行くおじさんの青春時代が如何に哀しいものだったかのか想像に難くない。いやまあ私の青春もほぼゲームだったけどね。シンパシー感じてるのかも。

ぶっちゃけ、もうSEGA漫画で良いんじゃないかなと思うくらいSEGA愛に溢れているのでSEGAは何かコラボしてやってください。

可愛いが報われない女キャラクター

表紙になっているエルフ耳の可愛いキャラクターは本編でも重要なキャラクターである。
醜く差別されているおじさんに雄一対等に接し、世話を焼き、何度も窮地を救ってくれたツンデレ美少女エルフ。

こんな美味しいキャラクターなのに、おじさんは何故か好意に気がつかない。
まだツンデレという言葉が浸透する前に異世界に行ってしまったおじさんはツンデレのテンプレのような言動に本気で悪意があると思い込んでいるのだ。

健気で非常に愛らしいエルフだが、報われ時がくるのだろうか。
1巻では回想にしか出てこない。
この先、現代にやってくることを切に願う。

まとめ

オススメポイント
・勢いのあるギャグ
・異世界転生の定石をぶち壊す世界観
・可愛らしいが登場数が少ない女キャラクターたち
・SEGA愛

異世界由来の魔法を使うSEGA信者のおじさんが繰り広げる、(非)日常コメディ。
オススメです。